お知らせ

大きくなぁ~れ!(芋の苗植え)

5月28日(木)、幼稚園の畑にサツマイモの苗を植えました。この日は学年ごとに時間をずらして畑に出掛け、それぞれの場所に苗を植えていきました。はじめに、苗の植え方についてイラストや写真を見ながらしっかりお勉強♪自分の手をスコップにして穴を掘り、お芋の苗を寝かせるようにして植えました。収穫できるのは秋です。この頃には、土の中のお芋はもちろん、子どもたちもいろいろな経験を経て、今よりもずっと成長していることでしょう!水やりや草むしりなどのお世話も楽しみながら、収穫を心待ちにしたいと思います!

きれいな花を咲かせてね!

あさがおの花の種蒔きをしました。自分の鉢に軽石や土を入れることからスタートです。年長ひまわり組・年中ちゅうりっぷ組さんは、昨年の経験を活かしながら丁寧に準備をして、柔らかい土に種を蒔くことができました♪年少もも組・年少少たんぽぽ組さんは、初めて経験する子どもたちも多かったのですが、先生たちのお話を聞きながら、「自分でやってみよう!」とする姿がいっぱい見られました♪これからお世話をする中で、いろいろな気づきがあることでしょう!

生き物いっぱい!

自然がいっぱいの東俣幼稚園では、毎月各クラスでお散歩に出掛け、四季の変化を子どもたちの目線で感じています。この日は、年長ひまわり組と年中ちゅうりっぷ組が一緒に出掛けました。この日は晴天!カエル・バッタ・コオロギ・カタツムリ・テントウムシ・カニ・タニシ・イモリ・ヤゴ…様々な生き物たちが子どもたちを待っていてくれました。子どもたちは大興奮で素手で捕まえていました♪教師が準備していった2つの虫かごは、水辺の生き物・地上の生き物に分けて使い、すぐに中がいっぱいになりました。子どもたちの生き物への関心の高さ、そして躊躇なく自分で捕まえようとする姿に、東俣幼稚園の子どもらしさを感じました☆

砂遊び

年長ひまわり組が砂場遊びをしました。この日は全員裸足!水を使ってダイナミックに遊びました。普段なかなか高くすることが難しい山作りも、砂が水を含むと固めやすくなることに気付いたり、川をつくろうと水を流しても、砂はすぐに水を吸ってしまうことに気付いたり…。砂や水の感触を手足で味わい、いろいろなことに気付きながら楽しむことができました♪